PEIZO SNAPS

ブログでもやろうかと意気込むが三日坊主が癖の男ブログ

Anger

久しぶりに妻が吠えた。

自分の健康保険証を紛失し、それを私のせいだという。

3月に保険証の更新があって、確かに私は妻の封筒を開けて、複数入っていた保険証の内、家族のものを抜いてそれぞれ渡し、残った本人の保険証を封筒に入れたまま、渡した……はずなのだ。証拠として渡すときの写真でも撮っておけばよかった。記憶は確かに残っているが、今年のことか、それとも去年のことかと言われれば、確かに定かではない。最近は本当に1年なんて、あっという間に過ぎ去ってしまい、1年前のことだってつい先日のことのように感じてしまうのも事実だ。

 

しかし、この記憶はどうだろう。

もう自分が認める以外に妻の怒りが納まる方法はないと知っているので、自分の記憶は去年のものであり、そもそも保険証が入っていると分かっていたところで、妻に届いた封筒を開けていることがダメなのだという彼女の怒りの矛先を受け止めるしかない。確かにそれはそうである。夫婦といえどプライバシーはある。

しかし、敢えて言おう。そこで開けてそういう処理をしなければ、本人はともかく他の家族に保険証がいつ届くか、わかったものではないのだ。

妻は仕事がピークに入ると、本当に他の記憶が無くなる。他のことがどうでもよくなるのだ。だから私がそれを発見したときに、きちんとしておかなければ、それこそ、その封筒はどこに行ったか分からなくなってしまうのだ。そのことをよくよく承知しているので、そうした行動に出たのだが、私の詰めが甘かったとしかいいようがない。

まあ、妻はあと一週間で1人暮らしをスタートする。そうしたら今度はこういうことはなくなるだろう。あと、一週間。

こんなことがなければ、妻が引っ越す日を待ち遠しく感じることもないのに、今日はそう感じてしまう。

いろいろ反省しよう、私自身も。

ブルーなので、かわいい孫の写真を置いておこう。この記事を読み返しても最後に和める。

f:id:pandago:20200811105231j:plain

RICOH GR f2.8 1/250 ISO800